解消するための相談

夫婦関係を解消する

サイン

結婚をして家庭ができたと言っても、何かがきっかけで浮気や不倫といった不貞行為が原因になって離婚をするなんてこともあります。とは言っても、離婚には浮気や不倫といった不貞行為だけでなく、お互いに気持が冷めたなどの原因もあります。離婚は離婚届を役所に提出しただけで解決できるという人もいますが、相手が離婚に応じないということでスムーズに離婚の手続きが出来ないという人も大勢います。離婚の手続きがスムーズに出来ないという場合、浮気や不倫が原因での離婚によくあります。スムーズに離婚の手続きをしたいのであれば、離婚問題に特化した弁護士や弁護士事務所に相談をしてみると良いでしょう。相談者が女性の場合、弁護士が女性または弁護士事務所に女性弁護士が多いところを選ぶと相談がしやすいです。女性弁護士は以前よりも数が増えているので、離婚問題に特化した女性弁護士の情報を簡単に見つけることが出来ます。

子供がいる場合

離婚をする際、子供がいる場合には親権と養育費が重要視されます。親権というと母親に与えられるというイメージが強いのですが、離婚原因の内容によっては父親の方に親権が与えられるということもあります。親権を与えられた側は養育費を請求することが出来ますが、親権を与えられなかった側の収入額も考えてから妥当な金額を請求したほうがいいでしょう。また、親権を与えられなかった側には子供との面会の権利もあります。面会の回数も一緒に考えることが必要です。近場であれば週末に合わせるということが殆どです。養育費や面会についてどのようにしたら良いのかわからなくなった際にも相談出来るようになっていますので、事前に相談することをまとめておいた方がいいでしょう。